いぼの治療を頼む【深い場合には効果が出難いケース】

選ぶ基準や注意点

顔を触る人

いぼ切除で美容整形外科を選ぶ基準としては、医師との相性の良さや、適切な料金であるということが挙げられます。そして選ぶ際には、料金表示に不明な点がないかや、アフターケアが充実しているかという点に注意する必要があります。

詳しく読む

施術の種類や傾向

看護師

治療費や内容には幅がある

いぼ治療には幾つかの方法があり、現場においては個別具体的な症状・状態に伴って選択・併用を行って治療を図る事が一般化しています。代表的なものとしてはまず、液体窒素法が挙げられます。極端な低温環境を利用する事で、いぼの細胞を壊死させて剥離を狙うと共に、免疫反応の強化にも繋がる方法となります。医学的な有効性の裏付けが高く、保険適応の対象にもなる事から基礎的な治療法として採用される事が多いですが、施術者の技術や個々の症例に結果が左右され易いとも言われています。次に、薬剤を塗布・内服する方法があります。こちらは根幹となる部分が深い場合には効果が出難いケースが見られますが、痛みの少ない薬剤が採用出来るケースや体質面からの対策が図れるというメリットもあります。どちらかと言えば、他の方法と併用するサブ的な役割を担う事が多いものです。更にレーザー治療や、手術に拠る切除も挙げられます。レーザー治療は根幹的治療というよりは跡を消す・浅いものを消失させるといった使われ方、切除は多発性のものには適用し難いので単独で大きなものを根本的に治療する目的で、採用されるケースがあります。近年はいぼ治療において、美容整形外科における施術が行われるケースが増えています。いぼに限らず見た目に影響する様々な事象への対処を行っている事から、それらを援用しての取り扱える施術の幅が多く、組み合わせによって効果的な治療が図れます。これにより結果が出易い事が知られるようになって来たのがその理由と言えます。費用は、基本とされ易い液体窒素法では1000円弱が相場とリーズナブルな値段となります。但し数が多くなると数千円のパッケージになる事も多い上、複数回の施術を要する事も多いので個人差は大きいです。他の方法では、外用薬・内服薬・サプリメントでは500〜5000円程度と幅が広いです。保険適用の可否が、大きく影響しています。レーザー治療の場合には保険適用が難しいですが、1ショット当たりの値段が設定されている事が多いので、数千円〜10000円強となる事が多いです。そして切開手術を行う場合、5000〜15000円辺りで範囲によって変動します。こちらについてはいぼ治療向けの金額が提示されていないケースもあり、詳細の確認が必要となります。

安心と安全な施術を求める

女性

安心できるいぼ切除や除去の施術は、美容整形外科でも提供されています。施術の申込も簡易である分、 まずは、医療機関を選択し、医者を選ぶことが肝心です。施術に対するデメリットまでが説明されるなど、書類上だけではない意思確認は、とかく大切です。

詳しく読む

まずはクリニックに行こう

女性

いぼは全身どこにでもいる良性の腫瘍です。ほくろと似ているので素人目には違いがわからない場合が多いです。まずはクリニックで診てもらいましょう。レーザー治療と切除治療、液体窒素の治療方法があります。クリニックよく選ぶことが大切です。

詳しく読む

コンプレックスを手放す

カウンセリング

美容整形外科でいぼを除去する治療法として、YAGレーザーや炭酸ガスレーザーを使用した治療法がありますが、それぞれにメリットがあります。また、男女関係なく、悩みも簡単に取り除けることからも、今や美容整形外科を利用する方は増えています。

詳しく読む

痛みが少ない治療方法

顔を触る人

いぼの切除を考えているのであれば、アフターケアもしっかりと行ってくれる美容整形外科を受診してみるとよいでしょう。スベスベのお肌になれるだけではなく、完全に切除をすることができるというメリットもあります。

詳しく読む

Top